高齢者は座りすぎびっくり!?〜vol3〜

0
    こんにちわ!!
    機能訓練士のブンです。
    さて、前回のこの投稿で運動不足を解消し、活動量を増やす手軽な運動として「ウォーキング」を上げました。

    よし、歩こう!!
    と、いきなり歩き始めようとしている、そこのあなたゆう★

    そんな事したら、足を痛めたり膝を痛めて更に動けなくなったりしてしまいますよ泣き

    何事にも準備が必要です手

    そこで今日は、「ウォーキング」を始める前にやっておきたい簡単トレーニングをお教えしますonpu03

    まずは、これ


    スクワットです筋肉
    画像のように初めは椅子や腰かけられる物を後ろにセットして、お尻が椅子に触れたら立ち上がる、もしくは一度腰かけてすぐに立ち上がる。
    これを10回×2〜3セット繰り返します。

    下半身のトレーニングの代名詞でもあるスクワットですが、お尻、太ももだけではなく、フォームをしっかり作れば背中、前スネ、腹筋の下部にまで効果のある万能トレーニングです。

    皆さんもぜひ、無理のない範囲から始めてみてくださいねピースわらう

    それでは=3

    今の高齢者は座りすぎ!?〜vol2〜

    0
      皆さん、こんにちわ!!
      機能訓練士の文です。

      ついうっかりブログの更新を忘れてしまいました(^_^;) 
      前回、僕の担当回で、今の高齢者は座りすぎだ!!
      って、言ったのをご記憶でしょうか?

      座る時間が長引くことによって、死亡率まで跳ね上がるという話もしました。

      そこで、今回は対策としてどういったことから始めれば、座りすぎを予防できるかをお話しようかと思います。

      まず今回は、いまだ現役でバリバリ働いている30〜50代の皆さんへ。

      職種にもよりけりですが、サラリーマンや会社務めの方々は1日をデスクで過ごすなんてことも多いのではないでしょうか?
      そんな皆さんにおススメなのが「ウォーキング」です。

      まずは、会社の行き帰りを歩いてみることから始めてみるのも良いでしょう。
      軽く息が弾む程度のペースで♪

      次回は、ウォーキングと並行して行うことで、効果を発揮する筋トレを画像付きで紹介します☆

      文でした。

      高齢者は座りすぎている!?(゜ロ゜ノ)ノ

      0
        皆さんこんばんわ。
        機能訓練士の文です。

        さて、上記のある意味衝撃的なテーマ(笑)(^^;💧

        どういう事かと言いますと、一言で、、、

        今の高齢者は座りすぎている‼

        そのままですね(笑)

        だけど、事実そうなんです。

        このblogを見てくれている皆さんは、朝起きてから夜寝るまでに一日にどれぐらい座っているか考えたことあります??

        65〜84歳までの高齢者を対象にした調査結果によると、平均で1日に8.6時間は座ってることがわかりました。
        これって、1日の労働時間分くらいですよね?

        いやー_(^^;)ゞお尻痛い( ̄▽ ̄;)

        年取ってるんやから、当たり前??

        いやいや実はこの座りすぎ、健康に悪影響を及ぼすと言われているんです(・ε・` )

        高齢者を含む45歳以上の成人を対象に1日の総座位時間の多さが総死亡リスクに与える影響を調べた結果、、、

        総座位時間が11時間以上の人は、4時間未満の人と比較して、リスクが約1.5倍も高くなることが証明されてるんですΣ(゜Д゜)

        座っている時間が長い、つまり身体を動かしている時間が短い。
        この事実が健康に大きな悪影響を与えているということなんです。

        では、どーすれば良いのか?

        その詳しい対策方法をこれから連載形式で紹介していきたいと思います♪
        今日はここまで☆

        では、またお会いしましょう\(^^)/

         

        冬本番「大雪」

        0
          皆さん、こんにちは!
          機能訓練士のブンです。

          12/7(月)は24節気の1つ、「大雪」でしたね。
          「だいせつ」季節は真冬を迎えながらも暖かい日差しが続いています。
          本来なら本格的に雪が降り出し結晶の美しさから「雪の花」や「六華」と表現され、雪景色を楽しむ季節にも関わらず、重々しい灰色の空も少ないように感じます。

          「雪見障子」から庭を覗いてもまだ紅葉が見られますね。
          旬の食材は、百合根、クワイ。
          植物ではシクラメンが鮮やかな花を咲かせます。
          人の体温調整は、体温を下げるには「物理的反応」を、上げるには「化学的反応」を利用して行っています。
          美容や健康に「水は1日2リットル」と常識のように言われますが、それは間違いです。

          夏、暑い日の長時間の運動時は別ですが、毎日2リットルも水を飲んでいたら身体の中は余った水で溢れてしまいます。
          身体に溜まる水分が原因で起こる様々な不調を「水毒」と言います。
          「水毒」とは、水分がうまく排泄されずに身体に残り、たまった水分は身体を冷やし、肌のカサつき、血栓症や自律神経失調症、子宮筋腫、不妊症など多くの病気の原因になったりします。

          さらには老化にもつながりますので、ヘルシーなフルーツも食べ過ぎは禁物です。
          長時間のデスクワークも「水毒」につながります。

          心当たりのある方は、水分の摂取量を改善し、適度な運動を心掛け、足腰が衰えないように注意しましょう。
           

          霜降(そうこう)☆

          0
            みなさん、こんにちは!!
            機能訓練士のブンです。

            去る10/24は霜が降ると書いて「霜降」(そうこう)でした☆

            日本には正しく季節を知るために、太陽が示す一年を24分割した24の節目、節気があります。

            霜降はその一つで、秋が深まり冷え込みが増すと野山には、真っ白な霜が降り始め、冬の到来を感じます。
            紅葉が最盛期を迎える頃、木に残った柿の実などに鳥達が大喜びで集まり、まさに恵みの秋です。
            厳しい冬の訪れを前に私たちにも、生き物にとっても穏やかな季節です。

            旬の食材には、リンゴ、小豆、カリン、秋鮭などで、庭先には、ヒヨドリ、ムクドリが飛来し、紫式部が美しい紫色の実をつけます。

            秋が深まり、自律神経のコントロールがうまくいかず、精神的に不安定になっている人が増えてきました。
            イライラ、怒りっぽい、憂うつ、不安、不眠、多夢、下痢、便秘とストレスをためやすくなっています。
            なかには、偏頭痛や喉に物が詰まったような不快感から胃腸の張り、ガスやゲップと症状は様々ですが、季節に合わせてゆっくり過ごすことが大切です。

            リラックスして、深い呼吸を心がけ、朝の清らかな空気を胸いっぱいに吸い込みましょう。
            また、梅干しは、体質改善にもつながりますので、一日一個は食べることをおススメします♪

            さてさて、あと半月もすれば「立冬」です。
            冬がやってきますねぇ〜笑

            では、またの機会にお会いしましょう手

            しっかりと準備♪

            0
              こんにちは! カナヤマです。
              近頃、めっきり朝、晩は肌寒くすっかり秋ですね〜
              あと二月もすれば冬本番を迎えます。
              ということで今日は、インフルエンザのお話。
              色々な情報があり、ご存じのことも多いとは思いますが、今一度周知していきたいと思います。

              インフルエンザにはA型、B型とありますが
              どちらが流行するかは現時点ではわかりません。
              感染経路は、人から人へ空気感染します。
              身体の節々の痛み、高熱を伴い、体力のない小さい子供や高齢者は重篤な症状を引き起こすこともしばしばです。

              現在は医学の発達によって、治療法も確立されていますが、やはりかからないことが重要です。

              予防にはまず、予防接種を受けましょう。
              かかりつけ医で相談し、11月中には受けておきたいものです。
              予防接種を受けたからといって必ず大丈夫とは限りませんので、日頃から気を付けるのが大切です。

              手洗い、うがいは必須です。
              手洗いは、手の甲、指の間、できれば手首までしっかり洗浄します。
              外出の際、マスクの着用は忘れずなるべく人ごみは避けるようにしましょう。
              病院に行くときにもマスクは忘れずに。

              そしてなにより、ウイルスに対して強い身体を作りましょう。

              ・十分な睡眠
              ・しっかりした食事
              ・適度な運動

              を心がけて、風邪に負けないよう体調を整え、
              少しでもおかしいなと思ったら我慢せずに、すぐに受診しましょう。

              これからの冬に向けて皆さん、頑張りましょう!

              ありがとうございました。

              今日は秋分の日♪

              0
                皆さんこんにちは☆
                機能訓練士のブンです。

                今日は秋分の日ですね♪
                日本の暦には、このような季節の移ろいを細やかに感じさせてくれる24の節気があります。

                今日は「秋分」
                春の春分と同じように、昼と夜の長さが同じになる日です。
                夏らしさも残りますが、季節は少しずつ冬へと近づいて行きます。
                中秋の名月(旧暦8月15日)はこのころで、虫の音に包まれながら夜空の月が人々を癒してくれます。

                旬の食材には、ザクロ、イチジク、秋サバ、戻りガツオ。
                田んぼのそばには彼岸花が咲きだします。
                秋の彼岸は先祖供養の日。
                お墓参りをし、仏壇におはぎを供える習わしがあります。

                急な気候の変化に伴い、首や腰に不調を訴える利用者様が増えてきています。
                これらは、急な気候の変化による体内のエネルギー不足による免疫力の低下が原因です。

                免疫が下がると、風邪を引きやすく治りにくいといったことや、胃腸も弱っているので食欲不振や胃もたれ、便秘、下痢にもなり、
                冷え性やめまいに悩まされている利用者様をよくお見かけします。

                改善には、過労を避け、軽い運動とじゅうぶんな睡眠をとり、規則正しい生活を心がける。
                脂っこいもの、甘いもの、刺激の強いものは食べすぎないようにし、冷たいもの、生ものは極力避けるようにしましょう。
                なるべく火を通して食べるようにしてくださいね☆
                かぼちゃ、ミカン、桃なんかは旬ですよね♪

                次の24節気は「寒露」で〜す。

                体、動かしてます!!

                0
                  こんにちはヤマモトです

                  皆さま、いかがお過ごしですか?
                  私は、花粉症のピークが過ぎ、ようやくマスクをしないで、外出できるようになりました

                  ですが

                  最近は、足が重く痛い時もあったり‥‥‥   
                  肩甲骨のあたりも痛くて、腕も上がりにくくなっています

                  家族に話しても、
                  「気のせいや」
                  「トシやから、しょーがない」
                  「動かへんからやん。ちょっとは運動したら」
                  とそっけない返事です

                  運動って言われても、走ったら息切れするし、ジムに行くのは恥ずかしいし、第一続かない。

                  何かないかなと思っていたら、デイで毎日している体操がありました。

                  ラジオ体操です

                  ラジオ体操は、13種類の運動により、全身を動かします。
                  筋肉や関節を動かすことで、血行がよくなり、肩こりや、腰痛の予防にも

                  腕を回す運動では、腕をしっかり後まで回して、肩甲骨を動かします。
                  血行を改善して、肩こりに効果があります。

                  体を回す運動は、手の幅を均一にして腰を中心に回すと、腰痛改善に効果があります

                  他にも、猫背予防などいろんな効果があり、嬉しいことに
                  カロリー消費量は早いペースのウォーキングと同じくらいあるそうです


                  以前は何も考えずしていましたが、今は意識して背筋を伸ばし、
                  手はまっすぐ、曲に合わせて、しっかりやっています
                  3分程度の体操ですが、曲が終わると、スッキリした気持ちになります

                  意識すると不思議なもので、家事の合間にも、スクワットをしたりと、
                  自然に体を動かすようになりました

                  続けることが大切なので、習慣になるように、頑張ってみます

                  ご存知、脳トレ

                  0
                    こんにちは カナヤマです
                    先日、人生初インフルエンザを発症しました
                    この年になっての39℃越えは、さすがにこたえました
                    まだまだ終息していないようなので、皆様もお気をつけくださいませ。


                    今回はのお話
                     グローバルでも頭の体操と表して、ぬり絵を行うことが多いのですが、
                     このぬり絵が脳の活性化につながるのです。(皆様ご存知かも)
                     頭と手先を同時に使うことで、脳への刺激を与える最適な方法のようです。
                     配色等、頭をひねり、あれこれと想像することで、脳に多くの血液を送り
                     神経細胞を活性化することができます。また、手先の作業も同様に脳の血流量を
                     増やすそうです。
                     
                     利用者様にはこれからも、どしどしぬり絵を行っていただきたいですね


                    <脳の活性化に役立つ生活習慣改善のポイント> 
                     ・よくかむ
                       一口30回かむようにする。しっかりかむことで、脳の前頭葉と側頭葉が活性化し  
                       あごを使うことで脳の前と横側の血流量が増える。
                     ・声を出して読む
                       本や新聞は声を出して読む。声を出すことで大脳皮質の働きが活性化する。
                     ・カラオケ
                       右利きの人は話をするとき、左側の脳を使いますが、歌うときは右側の脳を使い
                       左右使うことで脳が活性化する。
                     ・予定を立てる
                       どこに行って、何をするのかを計画立てることが認知症の予防に効果があること
                       がわかっています。計画を立てながら楽しいことを考えるとよいそうです。
                     ・歩く
                       ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動は前頭葉を刺激し、脳を活性化する
                       ことがわかっています。
                     ・くよくよしない
                       過去の嫌な出来事や失敗を引きずらず、なるべく吹っ切ることを心がけることも
                       大切なようです。

                    このようなことも意識しながら、今後のレクリエーションにも役立てたいものです

                    本年もよろしくお願いします

                    0
                      新年あけましておめでとうございます
                      スタッフのカナヤマです

                      いよいよ2013年のスタートですね。
                      我がグローバル今里も本日より営業しております。


                      さて、巷ではノロウィルスが猛威をふるってるニュースを多々目にします。
                      と、言うことで予防策を一部紹介します

                      まずは手洗い、指と指の間や爪の隙間は洗い残しやすいので
                      10秒くらいかけてしっかり洗ってください。
                      また、手の甲や手首も忘れずに全体で30〜60秒かけて洗いましょう
                      このノロウイルス、アルコールでの効果が弱いため、
                      石鹸できちんと洗うこと
                      最も有効なのだということです。

                      感染すると嘔吐と下痢を繰り返すので脱水症状に陥りやすくなります。
                      ですから、イオン系飲料などでしっかり水分補給することが大切です。
                      また柑橘類や乳製品は体調が悪化する可能性があるので、
                      なるべく避けるようにしてください。


                      まず感染者の嘔吐物にはウイルスがいるので、なるべく触れないようにしてください。
                      そしてきちんと拭いた後に次亜塩素酸系消毒液(キッチンハイター)でしっかり拭くこと。
                      もし服に嘔吐物が付着した場合は、他の洗濯物と分けて洗うと良いでしょう。
                      ちなみに乳幼児やお年寄りは免疫力が弱いため、より感染しやすいといいます。
                      あまり人ゴミの多い場所にいかない、マスクをきちんとするなどの予防も必要とのことです。

                      これから、インフルエンザも流行してきます。
                      何はともあれ手洗い、うがいをしっかり行い、
                      おかしいなと思ったら早めに受診することが大切だと思います。

                      今年も健やかな一年となります様、お祈り申し上げます。

                      私どもグローバル今里では、スタッフが一人減りましたが、
                      皆さんが笑顔になれるようますますがんばってまいりますので、
                      今後ともよろしくお願いいたします



                      ■カレンダー

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      ■新着記事

                      ■カテゴリ

                      ■月別アーカイブ

                      recent comment

                      ■リンク

                      ■キーワード検索

                      ■管理ツール

                      ■QRコード

                      qrcode

                      ■powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM